大阪へ研修。

b0189066_14315442.jpg

今回のフォーラムを受けて、工賃に対する意識が今よりさらに高く持てるようになりました。
新しい事業を考える時には、⒈失敗を恐れない事 ⒉「生産→加工→販売」のこの工程のどれも全力で取り組む事 ⒊職員・利用者みんなで高い目標を持ち、方向性を確かめながら取り組む事の大切さを学べました。私たちが働いている事業所は、諫早アーケードという商店街の中にあるので地域の人たちと関わりながら新しい事業が成功できるように頑張りたいです。
b0189066_14321824.jpg

今回の研修では、出発(たびだち)のなかまの会での支援の仕方・共同作業所での取り組み方・グループホームでの取り組み方を勉強させてもらいました。
午前中は、どんどん会議に参加しました、その会議は3時間という長い時間を設けていました。その理由が、議題だけを話すのではなく日常会話を取り入れた会議でした。
この日常会話をする事により、今思っている気持ちを聞けたり体調の具合などの大事な事を知る事ができるとの事でした。もう一つの理由は、じっくりと時間をかける事により利用者が、会議内容をよく理解しながら進行できるとの事でした。会議が終わった後は共同作業所での研修で、職員の方は作業をしながらこまめにその時の状況を記録し、その記録を今後の支援に役立てていました。桃栗館のグループホームの見学では、二階建ての一つ家に4人の利用者が生活しており、家の中は、床が畳になってテレビをゆっくり見れるスペースがあったり、別の所に油絵などを描けるスペース場所あったりとゆとりを持てる空間が設備されていました。出発のなかまの会の人達は「自立」という事を真剣に考え取り組まれていて勉強になりました。
[PR]
トラックバックURL : http://ruhadehi.exblog.jp/tb/24730906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hide1388 | 2015-07-27 14:38 | Trackback